2022.07.15

【0円から始められる】コインパーキングの賃貸経営

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

立地は悪くないけれど、狭い土地をお持ちの方。そのまま活用しないのはもったいないかもしれません。というのも、土地を利用してコインパーキングの賃貸経営を始めれば、少ない初期費用と手間で毎月収入が得られる可能性があるためです。運営方法によっては初期費用が0円で済む場合もあります。コインパーキングに向いている土地の特徴、およびメリットとデメリット、コインパーキングにおける5つの経営タイプについて解説します。

このような方におすすめ!コインパーキングの賃貸経営

所有している土地を有効活用したいなら、コインパーキングの賃貸経営がおすすめです。コインパーキングは手軽に始められ、狭い土地の活用方法として大変便利です。

コインパーキングの賃貸経営がおすすめな理由

コインパーキングの賃貸経営は、初期費用や手間が少なく、駐車する車が多ければ一定の収入が見込めます。また早々に機械が老朽化する心配も少なく、機械の点検や駐車場の管理費など、ランニングコストが少ないという魅力もあります。

また所有している土地を短期間のみ活用し、将来は売却を視野に入れている方にもおすすめです。コインパーキングの賃貸経営には大掛かりな機械の設置や建築物が必要ないため、経営を始めるときはもちろん、経営をやめて撤去するときも、短時間かつ少ない費用で済みます。

都市部では慢性的な駐車場不足が起こっており、路上駐車による事故の危険性が無視できません。路上駐車をする主な理由は、「駐車場がないから」「駐車場が満車だったから」が多く、都市部においては特にコインパーキングの需要が見込めるでしょう。

 

コインパーキングの賃貸経営に向いている土地

コインパーキングの賃貸経営において最も重要なのは、立地です。コインパーキングに向いている土地には以下のような特徴があり、当てはまっている場所ほど大きな収益が見込めるでしょう。

繁華街や観光地に近いエリア 繁華街や大型施設、観光地の近くなら車で来る人が多いため需要が見込めます
常に満車の駐車場が近くにある 駐車場の需要が高い可能性があります
土地に接する道路の幅が5m以上ある 道路幅が広い方が、コインパーキングへの車の出し入れがしやすく、ドライバーが安心して駐車できます
見つけやすい、わかりやすい場所にある カーナビやインターネットに表示され、かつ遠くからでも看板が目につきやすい場所なら駐車してもらいやすいでしょう
幹線道路からやや離れた場所にある 交通量が多い道路の場合、ドライバーがコインパーキングに気づいたときは、すでに通り過ぎてしまっているという場合もあります
土地の前に電柱などの障害物がない 障害物がない場所の方が車の出し入れがしやすいでしょう。障害物がある場合、他の場所へ移動させることはできますが、費用がかかります

 

コインパーキングの賃貸経営におけるメリットとデメリット

コインパーキングの賃貸経営には、手間や初期費用が少ないというメリットのほか、考慮しなければならないデメリットもあります。メリットとデメリットを踏まえ、コインパーキングの賃貸経営を始めるかどうか検討しましょう。

メリット

コインパーキングの賃貸経営におけるメリットには以下があります。

・少ない初期投資でもスタートできる

少ない機材を設置するだけなので、建物の建築とは違い初期費用が安く済みます。また運営するタイプによって初期投資が0円になる場合があります。運営のタイプについては3章でご紹介します。

・狭い土地でも始められる

少なくとも車1台分の土地さえあれば始められます。車でなくともバイクの駐車場としても活用できます。

・経営知識がなくても始められる

経営知識がなくても、専門会社へ委託することでコインパーキングの賃貸経営ができます。長年の経営ノウハウを持っている専門会社にお任せしたほうが、収益につながる可能性が高いでしょう。

・すぐ始められ、すぐやめられる

設置する機械が少なく大掛かりな建造物がないため、工事期間が短くすぐに始められます。やめる際も、機械などが簡単に撤去できるため、すぐにやめられます。

デメリット

一方でコインパーキングの賃貸経営にはデメリットもあります。

・マンションやアパート経営と比較すると税金が高い

建造物が建っているわけではないため、更地として扱われます。すると、「住宅用地の特例」が適用されず、固定資産税や都市計画税の軽減が受けられません。また「貸宅地・貸家建付地」としての適用もされません。そのため節税対策には不向きです。

・運営プランによっては減価償却できない

コインパーキングの機械をレンタルする場合は、減価償却の対象がありません。そのため収益によっては税金の方が高くなる場合があります。

・立地により収益の大きさが左右される

1回のコインパーキング利用料が低いため、立地が悪ければ収益につながらない場合があります。所有している土地が、1章でご紹介した条件にあまり当てはまっていない場合は、上手にカバーして収益を上げる方法を考える必要があるでしょう。

コインパーキングにおける5つの経営方法

コインパーキングの賃貸経営は、主に5つのタイプから選択して行います。それぞれの特徴を把握し、自身にあった経営方法を選びましょう。

一括借り上げ 最もメジャーな経営方法で、土地をコインパーキングの管理会社へ貸し出し、専門会社が運営します。土地の所有者は土地を専門会社へ貸すのみで、トラブル対応、土地の整備や保守、集客管理はすべて管理会社が行います。賃料は、基本的に管理会社が決定するため収益は低い傾向にあります。

土地が離れた場所にあり、直接管理できない、経営のすべてをお任せしたい方向けです。

管理委託 駐車場の機械設置や組み立ては土地の所有者が行い、駐車場の経営のみ専門会社へ委託します。駐車場で得た収益から、専門会社へ管理料を支払います。

駐車場の設備投資や組み合わせは自身で決めたいが、経営はお任せしたい方向けです。

機械レンタル 機械の設置および保守管理を専門会社へお任せします。

土地の一部のみを駐車場にしたいとお考えの方に向いています。

機械購入 駐車場の機械を設置する際に、購入・初めはレンタルして途中から購入、などさまざまなパターンから選択できます。駐車場の経営を専門会社へ任せることもできます。

将来は自分でコインパーキングを経営することを考えている方向けです。

利益分配 あらかじめ管理会社と話し合い、利益を分配する割合を決めます。例えば収益を分配する割合が5:5の場合は、収益の大きさに関わらず常に5:5になります。そのため毎月の収益に変動があります。

コインパーキングの利用者が多く、収益が多い場合に向いています。

 

まとめ

コインパーキングの賃貸経営を始めるために、おすすめの土地の特徴やメリットとデメリット、5つの経営タイプについて解説しました。コインパーキングの賃貸経営は、アパートやマンションと比較して手間や初期費用が少なく、ランニングコストも抑えられます。

また経営のノウハウを持った専門会社へ委託すれば、駐車場の経営を代わりに行ってくれるため安心です。コインパーキングの賃貸経営は車1台分のスペースから始められるため、土地を所有しているものの活用方法に悩んでいる方は、コインパーキング経営の専門会社へ相談されてはいかがでしょうか?

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
貸したいサポート関西掲載店舗募集中

新着記事一覧

カソットについて

カソットは、分譲マンション、一棟マンション、一棟アパート、一戸建て、テナント(店舗・事務所)、土地等の所有者様、オーナー様の為に当社の審査基準を満たした複数の賃貸管理会社より管理費、管理内容のお見積りや専任客付けの依頼をお申込み出来るサービスです。 いくらで貸せるのか知りたい、賃貸管理会社を探している、長期間の空室で困っている、出来るだけ高く貸したい、入居者トラブルで困っている…など賃貸経営にある悩み事を解決するお手伝いを致します。 複数の賃貸管理会社に完全無料でお見積り依頼出来ますので管理費、管理内容を比較して所有者様、オーナー様に最適な賃貸管理会社をお選びください。 また、各賃貸管理会社の特徴や強みをまとめた特集ページをご覧いただき、気になられた会社を指定して賃貸管理や客付け業務等のお問い合わせをすることもできます。(完全無料) カソットは、管理会社の豊富な情報を掲載し、管理会社をお探しの分譲マンション、一棟アパート、一棟マンション、一戸建て、テナント(店舗・事務所)、土地等の所有者様、オーナー様を全力サポートします。

管理会社選びでお困りの方へ

カソットが希望にあった管理会社を無料でお探しいたします

一括お問い合わせスタート